今日は振替休日のクリスマスイブ

いつもならマイル為ちゃんブログはお休みなのですが、活動期間も残り僅かということもあり、投稿することにしました。

今回を含めて残り3回の更新、最後までよろしくお願いします。

img_b60f0fbfbfc8dda7b2272c38692d7ecb456396

今回は毎年恒例、2018年を振り返る企画でいきたいと思います。

今月のポイント業界の話題といえばやはりPayPayの20%オフキャンペーンですかね。

マイル為ちゃんもいろんなかたから質問を受けました。

PayPayやLINE Pay、楽天ペイ、ORIGAMI Pay、d払いなどのスマホ決済元年と言われていますが、これが今年のポイント業界のホットトピックだったと思います。

もっと広く言えば、kyashやプラスチックカード型のLINE Pay、先日取り上げたGAICAなど、クレジットカード以外の決済手段がシェアを広げた一年でした。

元々おサイフケータイが生まれてから、電子マネーを使いこなすことがポイントを飛躍的に貯めるコツだと伝え続けてきましたが、電子マネーよりもポイントを貯められる方法がたくさん増えたのは喜ばしいことです。

クレジットカードのポイント付与率が改悪されることが続いてきた中で、新しい光が見えてきたので、どんな方法がポイントやマイルを貯められるのか、考えるだけで夜の寝付きも悪くなってきました(笑)

たくさん登場する決済方法の中で、どれが効率よくポイントを貯められるかは、常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。

いま現在、マイル為ちゃんのオススメは

  • 5万円以下決済はkyashで、航空系のVISA/Masterカードをチャージ用に登録しておく
  • 5万円以上決済やkyashが使えない店、公共料金支払いにLINE Pay(毎月10万円使うまでは、kyashより優先度高で使う)
  • コンビニで支払えるものはWAONかnanacoで、WAONはJALカードからチャージ、nanacoはファミマTカードのキャンペーン期間中にチャージ

といった使い方です。

先日は収入印紙が大量に必要な場面があり、WAONで200円の収入印紙を100枚、ミニストップでシートごとWAON購入する経験をしましたが、店員さんが明らかに動揺していました(笑)

nanacoは最大25万円まで使え、WAONは最大5万円までしか使えませんが、どちらか選択するならWAONが良いです。

WAONだと、今回の収入印紙のようなポイント付与対象外に該当するようなものでさえ、200円に1ポイント or 1JALマイル貯まるので、今回の20,000円の収入印紙購入でクレジットカードのマイルと合わせて300JALマイル貯められました。

 

来年もスマホ決済周り、要チェックの話題になりそうですね。

 

 

次回へ続く・・・