マイル為ちゃんブログではこれまで、マイルや生活のお得ネタを中心に、みなさまのお役に立つ話題をお届けしてきました。

2015年6月の活動開始から3年半が経つ今年いっぱいで、このブログの更新を終了することとしましたので、この場でご報告申し上げます。

3年半の間に、マイル為ちゃんの周囲にいろんな変化があり、よりみなさまにとって大きな貢献ができる分野を考えた結果、新しい方向にリソースを集中すべきだと考えたたのが、今回の結論に至った理由です。

最終更新日は12月31日となる予定です。

残り少ない期間ですが、ぜひ記事を楽しみにしていてくださいね。

 

lp10b_mv

さて話題変わりまして、いまのポイント業界はPayPayの20%キャッシュバックの話題で盛り上がっています。

PayPayとは、LINE Payや楽天Payなど、スマホの画面上にQRコードやバーコードを表示して決済する方式のソフトバンク版みたいなもの。

これがファミリーマートやビックカメラなどで使え、12月4日から利用額のキャッシュバックキャンペーンをやっていて、初日は利用者殺到でサーバダウンしてしまった事件が起きました。

マイル為ちゃんも例に漏れず、ビックカメラで利用してキャッシュバックを受けましたよ。

さてこのPayPayキャンペーン、本当にオトクなのかと聞かれると、オトクなのは一部であるのが答えだと思っています。

ファミリーマート利用時はもちろんお得でしょう。

問題はビックカメラやヤマダ電機です。

家電店の値段表示って税抜き表示で、価格表示の8%プラスでネットの商品と比較すると、だいたい高いです。

ビックカメラのポイント還元があったとしてもまだネットより高い場合が多い中、PayPayで20%キャッシュバックを受けるのと、LINEショッピングで10%や20%のポイントバックをもらうのが、どちらがお得かはちゃんと計算すべきです。

マイル為ちゃんはビックカメラで、Apple製品を買いました。

Apple製品は値引きないですし、ポイント還元も低いですし、ネット上と大して金額は変わらず、しかもLINEショッピング対象のお店では取り扱ってない品が多い!

ですのでPayPayを使って購入しました。

他には、ビックカメラでの店頭セール品を買うときにもオトクかもしれません。

とにかく20%キャッシュバックという響きに流されるのではなく、実質の価格をちゃんと計算しないと、結果としてお得じゃない思いをするかもしれません。

要注意です。

 

 

次回へ続く・・・