9月最後の更新となりますが、今回はマイルと関係ない話題。

今月は北海道胆振東部地震が発生し、大きな被害が出たニュースがありました。

地震の影響により被災されたみなさま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

深夜3時発生ということもあり、朝に目が覚めてそのニュースを知ったのですが、マイル為ちゃんの友人がその被害を受けていました

その友人は北海道の旭川に在住しているのですが、営業の仕事をしている彼は、地震発生当時はまさに震源地付近で出張中だったとのこと。

帰宅が次の日にずれ込んだり、道内全体の停電に遭ったりはしましたが、幸い怪我等の被害はなかったとのこと、マイル為ちゃんも胸を撫で下ろしました。

S__48431194

さて、そんな彼からマイル為ちゃんに、普段から備えておいたほうがよいリストが届きました。

身をもって体験したのですから、その内容には説得力があります。

いつ誰が被災するか分からない世の中ですし、これから揃えておこうと思います。

あった方がよいもの

  1. モバイルバッテリー
  2. ラジオ・発電灯
  3. ガソリン
  4. 現金
  5. トイレットペーパー・ウェットティッシュ
  6. 防寒着
  7. 常備薬・生理用品
  8. 食料
  9. 本・雑誌

※優先順位順

 

この中でマイル為ちゃんが特に着目したのは、5の現金だったりします。

お金より食料品とかのほうが大事なのはもちろんなのですが、お金ももちろんないと物を入手できないわけで。

ライフラインが麻痺して電気が使えないと、電子マネーも使えません。

その現金、電子マネーやカード派だった彼にとって、手持ちの現金があまりないのは危機に感じたようです。

こんなニュースも流れています。

北海道地震の停電で「完全電子マネー派」絶望、キャッシュレス決済普及に向けた課題

【北海道震度7地震】キャッシュレス決済、災害に脆さ 停電でカードなど使えず

マイル為ちゃんもキャッシュレスを推奨しながら、常時非常用の現金を持っておくようにしようと思います。

 

 

次回へ続く・・・