一世を風靡したLINE Payの高還元率が大幅に変更されて3ヶ月ちょっと。

そこから2ヶ月ちょっとで、ステータス基準が相対評価から絶対評価に変わるルール変更がありました。

さらにそこから1ヶ月ちょっと、またルール変更が発表されました(笑)

変更点としては、ステータス基準から送金人数が削除され、前月利用額のみが基準となること。

これにより、前月1日午前10時から当月1日午前9時59分に10万円以上LINE Payを使っておけば、次の月1日の午前10時からLINE Payを還元率2%で使えるようになりました。

d1594-1239-509021-1

 

この変更、LINE Payからの卒業を謳ったマイル為ちゃんにとっては、もちろん再度のレギュラースタメンを検討せざるをえない変更となりました(笑)

2%のLINEポイントの還元率ということは、1.62%のANAマイル還元率となり、手持ちのカードの中では最高還元率となってしまうからです。

もちろんキャッシュバックを考えると、kyashの2%だったり、西友のウォルマートセゾン常時3%オフだったりと選択肢はたくさんありますが、マイル大好きなかたにとってはLINE Payカードは再び有力な選択肢として復活することになります。

 

マイル為ちゃんは、これから9月終わるまでに、10万円をがんばって使おうと思います。

ちょうど今月支払う公共料金の請求書払いが10万円程度あるので、達成できそうです。

LINE Payの大きな特徴は、支払いができる限り、ポイント付与対象外がないということです。

つまり、税金等の公共料金も普通にポイントが還元されます。

でもね。。。みなさんも同じ感想だとは思いますが。

これだけ短期間にルール変更を繰り返されると、また次にいつどんな仕打ちをくらうのか不安になりますよね。

疑心暗鬼で使っていこうと思いますが、せめて、来年の3月の確定申告の税金支払いまでは、このルールでいってほしいです。

 

 

次回へ続く・・・