前回まで、「クレジットカードをたくさん持ったときのメリット」についてお伝えしてきました。

しかし物事には裏表があります。

クレジットカードをたくさん作るとデメリットも当然あるわけで、今回からそれをいくつか挙げてみたいと思います。

【デメリット1】クレジットカードが作りにくくなる

やはり最初に思いつくのはこれですね。

クレジットカードを作りすぎると次に作りにくくなる、これは一部」事実だと思います。

money_0609

それでも欲しいカードは出てくるわけで、それを繰り返してマイル為ちゃんは気づけば40枚になりました。

クレジットカードを新規に作る際に気をつけていることは

  • 複数種類作りたくても、新規申込は1ヶ月1枚に抑える
  • 毎月の利用料金の引き落としは、当然のごとく延滞しない

と言ったところでしょうか。

40枚持っているマイル為ちゃんの感触としては、枚数が増えても延滞がなければ順調に増やせると思ってます。

特に、三井住友カードやJCBといった多くの種類のカードを発行している会社のカードを増やす場合は、同じ会社の別のカード利用実績があれば問題なく作れると思ってます。

例えばBooking.comカードAmazon Mastercardは共に三井住友カードの発行なので、同じく三井住友カード発行のANA VISAカードを長く使い続けているマイル為ちゃんは2ヶ月連続で申し込みしても何のお咎めもなく作成できました。

 

次回は引き続きデメリットについて考えてみます。

 

 

次回へ続く・・・