今月に入って、米国株価の急落にひきずられての日経平均株価急落がニュースになっていますね。

株価が下がると景気にも影響しがちですし、株式投資をやっている人にとっては生活に関わってくる人もいらっしゃるかもしれません。

もし株式投資をまだやったことのないかた、NISAやiDeCoで少しずつ始めたようなかたがこの記事を読まれてたら、今が個別株投資のチャンスかもしれません。

株主優待銘柄を狙うのは、まさにこのような株価急落時なのです。

株式投資は安い時に買って、高い時に売るのが基本なのですが、株主優待銘柄狙いの時は、基本ずっと持ち続けるものなので、なるべく安く買ったあとは売ることもないので、あまり株価の変動に気を取られる心配もありません。

株価急落時は、個人投資家にとってはバーゲンなのです!!

76c691c22c7ef40a64aa64b04f05e90c-2

マイル為ちゃんはこの株価急落に合わせ、こんな個別株を買い揃えてみました。

下3つは、それぞれ買い物の10%割引が魅力で、ブランドを決めているメガネや服、ちょっぴり贅沢な惣菜やお土産品などを買う時に有効に使えそうです。

今回はちょっとお高めですがソフトバンク株にも手を出してみました。

ソフトバンクには、ケータイのソフトバンク、ワイモバイル、固定回線のソフトバンクの株主優待があり、それぞれを併用できます。

来年からスマホをワイモバイルに変えようと思っているのもあったのですが、他にも理由があります。

自宅の今のネット固定回線(nuro光)が途中解約時以外にも、引っ越し時に解約扱いで違約金が取られる内容になっているので、ソフトバンクでしょっちゅうやっている「違約金保証」や「引越し費用負担」のキャンペーンを使ったら負担が減るという皮算用をしてみました。

来年以降、家の通信インフラがSoftBankで専有される日が来るかもしれません(笑)

 

こういう株のバーゲンはたまにやってきます。

「もっと下がるかも」と思っても、それは後から振り返らないとわからないこと。

日頃から欲しい株主優待銘柄を調べておいて、株価急落時に勇気を持って買ってみたらお得生活がそこから始まりますよ。

 

 

次回へ続く・・・