楽天カードからのnanacoチャージでポイントをゲットする方法についてお届けしてきたのも今回が最終回。

楽天カード(JCB)とANA JCBプリペイドカードが揃えば、あとはチャージを実践するのみです。

方法としては

  1. 楽天カード(JCB)からANA JCBプリペイドカードへチャージ
  2. ANA JCBプリペイドカードからnanacoへチャージ

の2ステップに分けることで、楽天カードからプリペイドカードへチャージした分の楽天スーパーポイント1%分をもらう作戦になります。

90da020dcc8eb35dcc19c3bc35bf47cf

 

ANA JCBプリペイドカードは、原則としてJCBブランドの付いたクレジットカードで本人認証サービス「J/Secure(TM)」に対応したカードならどのカードからでもチャージが可能です。

ただし、チャージした分のポイントがもらえるカードは、JCBのポイントではなく独自のポイント制度を採っているカードとなります。

もっと具体的に言うと、カード情報を参照できるのWebサービスが、JCB本体が提供する「My JCB」で管理されていたらポイント対象外、その他であれば対象となります。

この条件に照らすと、ANA JCBプリペイドカードへのチャージは

  • ソラチカカード、リクルートカード等は対象外
  • 楽天カード(JCB)、Yahoo!カード(JCB)は対象

なります。(Yahoo!カードからだと直接nanacoにチャージできるのでプリペイドカードを挟むメリットが今のところないです)

 

さて、楽天カードからでもYahoo!カードからでもnanacoチャージでポイントがもらえる方法がまた確立されました。

ANA派のかたにとってどちらがよいかは、楽天スーパーポイントとTポイントのどちらが好きかでお決めになればよいでしょう。

どちらのポイントも2ポイント=1 ANAマイルに移行できます。

楽天市場とTポイント経済圏のどちらをよく使うかでお決めになっても良いと思いますが、マイルではなくキャッシュバックにこだわりを持つかたであれば、楽天スーパーポイントのほうが今はよいかもしれません。

以前お伝えした通り、楽天スーパーポイントで金融商品が購入できるようになったからであって、楽天証券と組み合わせて使えば、楽天スーパーポイントは現金に変えることもできるからです。

とりあえずANA JCBプリペイドカードはいま入会キャンペーン中ですし、無料カードなのでいま作っておいて損はないと思われます。

 

 

次回へ続く・・・