前回、ANAマイルを現金同等物と交換する先の一候補としてnanacoの解説をしました。

今回はもう1つの候補、メトロポイントについてです。

メトロポイントを候補に挙げた理由、それは

ANAマイルをnanacoに移行する際の年間上限を回避するためです!

なんのこっちゃ?(笑)

細かく解説しますと、このページを御覧いただきたいのですが、nanacoにかぎらず、ANAマイルから別会社ポイントへ移行するには年間20,000マイルまでが1マイル=1ポイント(1円相当)、それ以上は1マイル=0.5ポイント相当にレート悪化します。

しかし、マイル為ちゃんイチ押しのソラチカカードには特例があり、年間上限なく10,000マイルを10,000ポイントとして移行できます。

このメトロポイント、ソラチカカードに搭載のPASMOにチャージできる他、楽天スーパーポイントやnanacoにも1ポイント=1円相当として移行できるのです。

メトロポイントの移行申請画面です。 右側に移行先3種類が表示されています。

メトロポイントの移行申請画面です。
右側に移行先3種類が表示されています。

 

つまり、年間20,000マイルまではnanacoにダイレクトで移行し、それ以上はソラチカカードのメトロポイントを経由してnanacoに移行してしまいましょうというのがマイル為ちゃんの意見でした。

ただ注意しないといけないのは、ANAマイルからメトロポイントへは上限なく移行できるのですが、ソラチカカードからnanacoポイントへは、毎月20,000ポイントまでしか移行できない制限があります。

単純に計算すると、ソラチカカードからnanacoへは年間240,000ポイントまでしかnanacoには移行できず、ANAマイルから見ると、20,000マイル(nanacoへのダイレクト移行)+240,000マイル=260,000マイルまでしか1マイル=1円のレートで移行できないことになります。

まぁそれだけ移行できれば大成功とも思いますけど(笑)

そんなに旅行しないけどマイルは貯まっちゃったかたなど、ぜひご参考にされてくださいね。

 

 

次回へ続く・・・