マイルを現金同等物に移行する候補について、前回までJAL版をお届けしました。

今回からはANAマイルの移行先について解説します。

ANA 提携ポイントへの交換

partner (1)

ANAも有名どころがたくさんですね。

JAL同様、ご利用のサービスがあれば、そのポイントに交換することが現金に近い使い方として有効でしょう。

EdyやTポイント、楽天ポイント、Suicaあたりが多くの方にとって候補になりそうですね。

さて、マイル為ちゃんがこの中から選ぶとしたらnanacoポイントか東京メトロポイントを選びたいです。

ANAの場合は、ポイント交換の場合、基本10,000マイルが10,000円分のポイントで還元率は100%でサービスに差がありません。

そんな中、まずnanacoを選ぶ理由ですが、基本nanacoが現金同等に近い使い方ができるためです。

nanacoが現金に近い使い方ができるのは、マイル為ちゃんブログでもよく取り上げるネタ、つまり「セブンイレブンで支払えるものはnanacoで支払えるため」となります。

セブンイレブンで支払えるものには、公共料金等の収納代行も含まれるので、収納代行をnanacoで支払うことができます。

前回JALマイル版でもお伝えしましたが、jiyu!da!カードを使うことで、セブンイレブン以外での買い物にもnanacoを使うことが間接的に可能になる技もあります。

電子マネーは奥が深いです(笑)

さて、nanacoの便利さはマイル為ちゃんブログでも幾度なく取り上げましたが、なぜここでもう1つメトロポイントを候補に挙げたのでしょうか。

次回、その理由を解説します。

 

 

次回へ続く・・・