昨年末のこと。

そんなに大きくニュースで取り上げられはしていませんが、気になるニュースが流れていました。

楽天とビックカメラ、新サービス「楽天ビック」提供に向けて新会社を設立

現在、楽天市場内にビックカメラも出店はしていますが、今後は「楽天ビック」として新会社を設立し、互いの経営資源を使った展開をしていくとの内容。

ecn17121910140008-p1

ビックカメラで楽天スーパーポイントが使えたり貯まったり、楽天ビックで楽天スーパーポイントを貯めながらビックカメラ店頭で品物を受け取れたり、ビックカメラの当日配送可能な物流を使ったサービスが展開されたりしそうです。

楽天は先日も携帯電話キャリアへの参入を表明したり、ビックカメラはビットコインの取り扱い上限額を引き上げたりと、業界の新展開を率先して行っている印象です。

そう言えば両社ともコーポレートカラーは赤ですね。

このタッグは明らかにAmazon独走の通販業界他社の危機感の表れなんでしょうね。

先日のAmazonのサイバーマンデーでAmazonプライムお試し30日を使ってみましたが、たしかに便利でお得感満載。

宅急便業界が悲鳴をあげるのも無理もないほど、少額の買い物でも無料サービスの効き目は絶大です。

今後こういった協業はさらに加速しそうな予感もします。

できればYahoo!ショッピングとビックカメラで組んで欲しかったなぁ(笑)

Yahoo!ショッピングはこのまま黙ってみているのでしょうか。

他と組むとしても、提携先は想像がつきません(ヨドバシカメラやヤマダ電機はこれまでの姿勢を見る限り協業に否定的に見えますし)。

 

 

次回へ続く・・・