前回に続き、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」に行った話題をお届けします。

この世界遺産は、「神宿る島」として宗像三女神をそれぞれ祀る3つの神社を中心とした世界遺産群です。

その3つの神社が九州本島と、大島、沖ノ島に分かれていて、大島は客船で行けるのですが、沖ノ島は一般人は現在立ち入り禁止、しかも女人禁制という伝統を古くから守り続けている土地となっています。

マイル為ちゃんは今回、九州本島の宗像大社辺津宮と、大島の中津宮、そして大島に設けられている「沖津宮遥拝所」(沖津宮に行けない人のために大島から沖ノ島に向けてお祈りできる場所)の3箇所をまわってきました。

結論をお伝えしますと、神社の雰囲気が好きなかたにとっては、かなりオススメの場所です。

地元にいた人間として知らなかったことが恥ずかしいのですが、今さらお気に入りの場所になってしまいました(笑)

Okinoshima_Munakata_location.svg

特に大島の、電動自転車でまわれる大きさに宿った神々しさが島にいる間中感じられるところ、マイル為ちゃんのお気に入りの神社になりました。

さらに知らなかったことなのですが、この大島に「天の川」という七夕伝説発祥の川が流れてたり。

地元なのにこんなに知らなかったことってあるものなんですね。

また次回はゆっくり時間をかけて、この世界遺産群をまわってみたいと思います。

 

 

次回へ続く・・・