年末が近づいてくると準備しないといけないのが年賀状。

元旦配達の受け付けは12月15日、つまり来週の金曜とまだ時間はあるわけですが、混雑回避や印刷屋さんの早割狙いで既に手配された方もいらっしゃるかもしれませんね。

マイル為ちゃんは図柄や伝える内容を検討中なので、今週末くらいにボチボチ準備を開始しようと思ってます。

さて、今年の年賀状は例年と比べてイレギュラーな扱いが1点あるので注意が必要です。

hagaki

ハガキの郵便料金は今年の6月1日から62円に、52円から10円の値上げが行われました。

ただし年賀状は例外で52円据え置きとのアナウンスが行われています。

この「年賀状」という括りに注意が必要です。

郵便局が発行するお年玉くじ付きハガキ、もしくは私製ハガキの切手下部に「年賀」と赤文字で記載したものを、12月15日から翌年1月7日までに投函すると52円で済みます。

つまり、郵便局で購入した52円のお年玉くじ付きハガキでも、1月8日以降に投函するには、もう10円分の切手を貼らなければいけないという特別ルールが今年はあるのです!

詳しくはこちらから。

 

たいていのかたは、年越して年賀状を出すとしても1月7日までには投函し終わるでしょうから、あまり気にしなくてよいかもしれません。

しかし、そもそもハガキ料金が62円に値上げされたこと自体、意識されてない方もこのご時世いらっしゃるかもしれません。

とにかく52円と62円の違いのルールが有ることを頭に入れて、

心のこもった年賀状を作っちゃいましょう。

 

 

次回へ続く・・・