前回のブログで、Tカードを複数お持ちの方はスマホに2枚別のTカードを登録しておくことを提案しました。

その理由は、Tポイントの有効期限にあります。

Tポイントの有効期限は、最後に利用日(貯める、使う、交換する)から1年間です。

ans-225952543

恐らくTポイントを貯めている方は、メインの1枚に絞ってプラスチックカードを持ち歩き、残りのTポイントカードは自宅に置いている方がほとんどではないかと思います。

1年間というのはあっというま、気づけばメインでないTポイントは有効期限が切れてしまいかねません。

それでもたまに使う機会があるクレジットカードに紐づけされている、例えばTSUTAYA会員証などに貯まるTポイントなど、1年間TSUTAYAに行かなければ、Tポイントが無駄になってしまうのを防ぐのが目的です。

(最終利用日から1年以上Tポイント口座を放置しておくと、今62万ポイント以上あるマイル為ちゃんのTポイントもゼロになってしまう恐ろしさです)

マイル為ちゃんはこれからamazonプライムビデオを使うとなると、TSUTAYAに行く機会はさらに減ってしまいそうなことが予想されます(笑)

Tポイントアプリ(公式)とファミリーマートアプリをスマホ上の隣に置いておき、たまにはメインでない方のアプリを立ち上げファミリーマート等で貯めることで有効期限を延ばせますし、存在を思い出すことができます。

 

なお、TポイントはTポイント口座間で移動もできるので、こちらも時々行うことで有効期限切れを防ぐことができます。

ポイント最大の敵、有効期限切れを防いでたくさんポイントを貯めましょう!

 

 

次回へ続く・・・