先日、マイル為ちゃん母から急に連絡があり、「PCの調子が悪くなったので買い替えたくなった」とのこと。

補償などのサポートを重視したいが、安く済むなら済ませたい」とのニーズに応えられるよう、マイル為ちゃんの特別コンサルティングが始まりました。

コンサルティングの結果が想定外のものになったので、今回はそれを取り上げます。

di-pc_kaikae_img10

「今まで使っているPCのメーカーがよい」とのことで、今回はNECのノートPCという条件。

マイル為ちゃん母はまず店頭で価格リサーチをし、その後カカクコムやamazonで値段を調べて、数万円の差があるので、ネットでの購入を決断したようでした。

ただマイル為ちゃんが調べてみると、2つほど見落としがちなポイントがあったことに気づきます。

  1. カカクコムよりもメーカー直版サイトの方が安いことがある

    メーカー直販サイトがあること、けっこう見落としがちです。
    航空券も旅行サイトや格安航空券サイトよりも航空会社サイトの方が安いことがあるのと同じ感覚です。
    今回もカカクコムの最安値と、NECのメーカー直販サイトが大して価格差がない状況でした。
    この傾向は特に型落ちモデルに強く表れるみたいです。しかも
    ●カカクコムだとクレジットカードが使えない店舗が多いこと
    ●メーカー直販サイトだと、ハピタスリーベイツなどポイントサイトのポイント付与率が高め
    ●不要なオプションを削減するカスタマイズをすることでさらに値段を下げられる
    と言った利点もあります。

  2. カカクコムやメーカー直版サイトよりも電話で直交渉したら値段が下がる

    メーカー直販サイトのカスタマイズ内容に疑問があり、マイル為ちゃんが代わりにメーカーに電話をしたのですが、その電話で「さらに価格を下げられる」との提案を受けました。
    「サイト上で値段を下げるとさらに価格競争になるから」との理由で、即決価格をもちかけられました。
    メーカーにとって型落ちは在庫処分したいらしく、価格交渉しやすいとのこと。
    その即決価格をマイル為ちゃん母に伝え、めでたく購入となりました。

結論:ネット(デジタル)じゃなく電話(アナログ)がよいこともある

まさかのアナログ最安値。

驚きの結末でした。

メーカー直販と電話交渉、これから大きな買い物をする時に役に立つ知識となりそうです。

 

 

次回へ続く・・・