マイル為ちゃんの月のネットと携帯電話料金は、合わせて4,000円に満たない額で抑えています。

これはSo-netの0 SIMとラクーポンで購入したWiMAXのギガ放題プランの組み合わせで実現しています。

マイル為ちゃんは平日日中は高速無線LANが整った場所で過ごすことが多いので、このネット環境で特に不満なく過ごせていました。

しかし今年に入り、JリーグがDAZNと独占放送契約を結んだせいで、Jリーグがある週末のデータ使用量が大変なことになっています。

先日の自宅で一日過ごした週末、朝から動画視聴や大サイズファイルのダウンロードをやった上で、夜に楽しみにしていたJリーグ観戦を始めた結果、試合の前半で3日/10GBの帯域制限に達してしまい、泣く泣く後半を見るのを諦めてストレスを感じる経験をしました(その後2日間も3日/10GB条件スレスレなのでロクにWiMAXを使えず)。

gatag-00007184

私ごとですが、来月からの日中はしばらく自宅で過ごすことが多くなりそうで、平日も動画視聴や先日購入したニンテンドースイッチでのネット対戦の機会が増えそうな見込みです。

先日、「動画サービスやゲームをやる人はネットの固定回線必須?」というタイトルで、固定回線の必要性やWiMAX2台持ちなどの検討をしてみましたが、今後の通信量や生活スタイルを鑑み、とうとう固定回線を敷くことを決意しました。

さっそくカカクコムでプラン比較をしてみて、速度や混雑具合の評判と価格を検討してみて、日本最高速と言われるnuro光に申し込んでみましたよ。

170817

約40,000円の工事費は無料、さらに1年目の支払料金割引やキャッシュバックも含め、2年間の月あたり3,281円という内容。

もっと安い会社だと2年間の月あたり1,950円なんてとこもありましたが、自宅で仕事も動画視聴もゲームもするようなマイル為ちゃんにとっては不安がより少ない高速回線を選んでみました。

さてここからが本題。

月4,000円に満たない通信費のマイル為ちゃんにとって、この月3,281円の固定回線費用追加は、通信料金が倍になることを意味します

そのことに最初すごい抵抗があったのですが、よく計算してみると全く違う現実が待っていました。

次回、その現実について解説します。

 

 

次回へ続く・・・