普段新宿で仕事をすることが多いマイル為ちゃん。

先日仕事終わりに、巷で話題(?)の「ほぼ新宿のれん街」に行ってきました。

E381BBE381BCE696B0E5AEBFE381AEE3828CE38293E8A1971

ほぼ新宿のれん街とは

代々木駅から徒歩1分、新宿駅からも徒歩5分の場所にある、古民家を改装した店舗が7店ある飲み屋街です。

お店がそれぞれ個性豊かで、マイル為ちゃんがその日行ったのは貝焼酒場 カイフォルニアさん泡泡シャンパンマニアさん

週末でもない平日だったのに店内は大賑わい、料理も美味しい、狭い店内でプロレスが始まったり(?)と、普段の飲みとは違う時間を過ごせて大満足でした。

マイル為ちゃんがこの飲みで感じたのは、こういう都心の真ん中でも古民家を活用したビジネスが出始めたこと、そして個店ではなく地域全体として盛り上げていく協働意識の重要性でした。

static

これから日本は人口が減るのが分かっている中で、マンションの建設は続いており、将来の空き家活用が叫ばれています。

既に地方ではこのような例がいくつもありますが、都心でもこんな取り組みが始まったことに、国全体として取り組むべき問題として再認識しました。

巷では国内不動産投資が活況ですが、オリンピック需要も落ち着きを見せてきて、海外からの需要もある程度予想ができる伸び率に落ち着いてきていると見えます。

これから国内不動産投資を行うのは、終わりが見えてきたババ抜きみたいなもので、オリンピック終わるまではもう手を出すべきではないという個人的感覚を持っています。

それよりは今ある資源の活用に目を向け、日本全体が盛り上がっていく方向にお金を使っていきたいですね。

 

ほぼ新宿のれん街、マイル為ちゃんのお気に入りになりました。

また今度は別のお店も狙ってみたいと思います。

 

 

次回へ続く・・・