前回のブログでサークルKサンクスのポイントがTポイントに変わることをお伝えしました。

ということは、楽天スーパーポイントを消費できるコンビニは無くなった?

という不便さを感じるかもしれませんが、このサークルKサンクスで楽天スーパーポイントが使えない・貯まらないタイミングに合わせてか、8月1日から楽天スーパーポイントが貯まる・使えるコンビニが新たに登場しました。それはなんと

ローソンです。

この楽天スーパーポイントが貯まる仕組みがなかなか面白く、ポイントの3重取りができる新たなポイントゲットチャンスが誕生したことになります。

そもそも楽天ペイって何?ってところを今回はお伝えしたいと思います。

80168ee257de2856b36e0370852c4e3e

楽天ペイとは、スマホでQRコード(バーコード)を読み取って、もしくはスマホ上にバーコードを表示して読み取ることで支払いが完了する電子サイフの仕組みです。

スマホでのポイントアプリにクレジットカード機能も持たせたようなイメージが近いでしょう。

以前、「ローソンでLINE Payのコード決済を使ってポイントがもらえるキャンペーンに応募したら、LINE Payのコード決済では通常のLINEポイントが貯まらなかった」という話題をお伝えしたことがありました。

このLINE Payのコード決済も使い方や仕組みが今回の楽天ペイと似ているのですが、LINE Payの場合は決済カードがLINE Payカードのみであり、通常のLINEポイントが付きません。

一方楽天ペイは、決済クレジットカードにVISAとMasterCardでお好きなものを指定でき、楽天ペイの利用によってその登録したクレジットカードのポイントと、200円毎に1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まることになります。

ではこの楽天ペイがローソンで使えるようになると何が起きるのか、次回解説します。

 

 

次回へ続く・・・