前回まで格安航空券について熱く語っている間に8月に突入してしまいました。

今年の夏は早い時期から真夏日や猛暑日が到来して、例年以上に体調管理に気をつけなければいけなくなってますね。

そんな8月に入った昨日から、サークルK・サンクスのポイントが楽天スーパーポイントからTポイントに変更になりました。

サークルK・サンクス自体がファミリーマートに一本化される流れですので、大きなサプライズでもないのですが、ポイント業界にとっては大きなニュースでもあります。

f4e8e401

サークルK・サンクスをお使いだった方にとっては、あまりよいニュースではないかもしれません。

これまでのサークルK・サンクスの楽天スーパーポイントからTポイントに変わることによって

  • 100円(税込)につき1楽天ポイントから、200円(税抜)につき1 Tポイントになる
  • 楽天市場利用で貯まっていた期間限定ポイントがサークルK・サンクスでも使えていたものが9月末で使えなくなる(Tポイントの期間限定ポイントはリアル店舗では使えない)

ポイントの還元率も、利便性も下がってしまうのは、このご時世なかなか痛いところ。

ただ1つ、マイル為ちゃんならではの視点でいいところが1つあると思っています。

マイル為ちゃんがたまに通る道にサークルK・サンクスがあったのですが、最近ファミリーマートに改装されました。

こうやってファミリーマートに改装されたり、ファミリーマートが新規出店された店舗においては、LINE Payカードが10枚近く品揃えされている傾向にあります。

マイル為ちゃんはこのチャンスに、その店舗でLINE Payカードを10枚、ファミマTカードを使って大人買いしてしまいました(笑)

以前記事にしましたが、LINE Payカードを使って3.74%のANA還元率を達成するのに、このファミリーマートでのLINE Payカード購入は機会です。

毎月5万円ずつコツコツチャージしておいて、次のポイント倍増キャンペーンで一気に使いたいところ。

まだサークルK・サンクスが身近にあったら、ファミリーマートに代わるタイミングをぜひチェックしておきましょう。

 

 

次回へ続く・・・