前回から続き、最近の投資案件絡みでマイル為ちゃんが思うことを書きます。

話をツラツラ書き綴りましたが、最近の投資案件で投資前によく考えたいことをまとめると、次のとおりになります。

  • その投資に参加している人が多いからといって、その投資が成功しているわけでも詐欺じゃないわけでもない
  • 投資が失敗しても、人間は傷を舐め合って安心材料にする傾向がある(なぜ失敗したのか、事の本質を考え直すべき)
  • 「信頼できる」人からの紹介でも、投資案件が信頼できるわけではない
  • 紹介された案件が失敗(詐欺)だったときは、投資案件に問題があるだけでなく、その紹介者にも案件を見抜く目がないことを冷静に自覚するべき

なぜブログを2回に分けてでもこんなことを書いたかというと、紹介手数料目当てで、紹介者自身は責任を被らないように案件の紹介だけで手数料を搾取するビジネスがあまりに多い現状に悲観したからです。

紹介者のことをよく知らない場合は、せめてWebで検索したり、amazonで著書のレビューを確認するだけでも詐欺リスクは軽減されるでしょう。

p9_1

仮想通貨も然り、不動産も然り、その他いろんな投資案件なんでもそうです。

紹介された物の本質を見る、紹介者のメリットを納得した上で行動する、法で守られるものなど詐欺リスクを徹底的に排除する。

老後不安などの言葉に踊らされず、冷静に自分自身で判断できるマインドを持っておきたいものです。

 

 

次回へ続く・・・