先日こんなニュースを目にしました。

楽天ポイント、使われる被害多発 中国の犯罪集団関与も

293601221-1467851445_l

Webサイトのパスワードがハッキングされてポイントを不正使用されるのは今に始まった話題ではありませんが、このニュースで注目すべきポイント

Web上のポイントと実店舗でポイントを共通利用できる

ことにあると思います。

楽天市場でパスワードを破られた場合、楽天のスマホアプリやプラスチックカードを使ってコンビニ等でポイントが利用できてしまうため、通販で送り先から犯人が割り出せるようなことが起きにくいことが言えます。

さらにお伝えしておくと、楽天スーパーポイント利用規約第11条(第三者による利用)にて

「楽天は、ポイント利用時に入力されたIDおよびパスワードが登録されたものと一致することを楽天が所定の方法により確認した場合には、会員による利用とみなします。それが第三者による不正利用であった場合でも、楽天は利用されたポイントを返還しませんし、会員に生じた損害について一切責任を負いません。

と記載があることから、ポイントが不正使用されても自己責任の範疇ということになり、せっかくポイントを貯めた苦労が水の泡となるわけです。

 

 

次回へ続く・・・