前回、マイル為ちゃんが「数年前に受けた仮想通貨に関する勧誘」についてお話しました。

この会社がどうなったか追いかけてはいませんが、

これはかなりの高確率でネズミ講であり、自転車操業です。

新たな顧客を見つけてきて投資させたお金を、紹介手数料や投資者の約束配当に回していることは、読者の皆さんなら冷静に考えれば分かるはずです。

pexels-photo-159888

 

誤解しないでほしいのですが、仮想通貨は全て悪と言ってるわけではありません。

ただ、仮想通貨に投資することで「利息がつく」はずはないです。

値上がりすることはもちろんあるでしょう。

しかし値上がりする確率があるということは、値下がりする確率もあるということ。

仮想通貨に多額の投資をするのは、ストップ安が無い株式1社にその額を投資しているのと同じであり、その危険度はドルを購入することの数倍に及びます(一瞬で10%とか平気で価値がさがります)。

余裕資金を使って資産の一部として仮想通貨を持っておくのはよいでしょう。

ただし仮想通貨交換業者に登録した業者を通して、かつ多くても全資産の10%程度以内くらいで。

ただ、その条件すら無視させるような内容を紹介する人がいたら、その人の信頼度すら再度検討したほうがよいくらいだと思いますよ。

最近は紹介手数料だけを目的に商品を紹介して、その商品が後にどうなっても知らん顔って姿勢でお金儲けをしてる人がやたら多い世の中になってます。

仮想通貨の良し悪しよりも前に、投資対象として考える際の基本を重視して物事を考えたいところです。

(ちなみに前回の冒頭でご紹介した仮想通貨に関する投資相談も、高配当を謳うものだったのでマイル為ちゃんは非推奨の結論をお伝えしました)

 

 

次回へ続く・・・