マイル為ちゃんは節約家のイメージが自他共に強いと自覚していますが、たまに理解されないお金の使い方をするときもあります(笑)

その1つが電卓。

マイル為ちゃんは電卓を使う機会が年々増えてきていて、1年前に機能を検討して6,000円くらいで買ったカシオ製の電卓を使いこなしてました。

しかしそこから時が経ち、外出先でも電卓を使う機会が増え、買い増しすることにしたのを機に、気になっていた電卓を購入してみました。

カシオプレミアム電卓 S100

top-03

 

えぇ、6,000円でも高いと思われる電卓に30,000円もかけてみましたよ(笑)

新宿のヨドバシカメラで実機に触れたので事前に触ってみたときですぐに違いを実感しました。

最もインパクトがあったのは、キータッチの感触です。

PCキーボードのボタン構造と同じ方式を採用していて、ボタンの押し心地に快適さがあります。

電卓のボタンは通常、ボタンの端を押すと端だけが下がって数字が表示されるのが当たり前だと思ってましたが、この電卓はPCのキーボードと同じく、ボタンの端を押してもボタン全体が下がって数字が表示されます。

「なに言ってんだマイル為ちゃん、細かすぎるよ!」

と大多数の方が思われるでしょうが、実際に触るとその感動が一瞬で実感できると思います。

この電卓、使う度に楽しみを感じます。

ここまで感動できるのなら、30,000円出してもよかったのかなと思います。(いや、やっぱ高い(笑))

ちなみにこの電卓、買う時はビックカメラがポイントアップされているタイミングで、ポイントサイトを経由してビックカメラ.comで注文しました(だってヨドバシカメラはポイントサイトに掲載されてないし)。

ビックカメラのポイントアップされているタイミングについては、スマホにビックカメラのアプリを入れておくと丁寧にお知らせしてくれます。

ポイントサイトのポイント、クレジットカードのポイント、そしてビックカメラのポイント合わせて5,000円程度分くらい取り戻しました。

 

それにしても30,000円はやはり出費しすぎなので、しばらく節制します。

 

 

次回へ続く・・・