もうラッシュは過ぎた気もしますが、季節的に3~4月は歓送迎会シーズン真っ盛り。

こういった集会の開催に頭を使うのが会費集めです。

先日出席した結婚披露パーティや懇親会では、その会費集めをクレジットカード決済対応で行っていました。

フィンテックという言葉をよく耳にするようになりましたが、時代はまた進んだものですね。

このクレジットカード決済による個人間取引、事前に会費を集めることがメリットとして浮かびますが、そこでマイル為ちゃんは冷静に考えてみたわけです。

「事前決済でも当日払いでも会費が一緒ということは、当日支払った人はクレジットカード手数料が差し引かれない分、幹事が多く会費を集めすぎているのではないか?」と(笑)。

使っていたサービスを調べてみたら謎が解けました。

AnyPay

anypay1-700x393

 

キャンペーン中につき、今は決済手数料がかからないのですね!

今のうちなら個人間取引にクレジットカードが手数料ゼロで行えるので、つまり

個人間取引でマイルを貯めることができる状態

ということになります。

ただ同じことを考える人間はいくらでもいるわけで、利用上限は10万円ですし、同一人物間の決済は禁止事項として掲載されています。

悪いことはやめましょう(笑)

個人間取引の大手としてAnyPayを取り上げましたが、他にも割り勘の仕組みとしてpaymoというサービスがあったりと、キャッシュレスの時代は日々進化しています。

10万円以内でお金のやり取りが発生するチャンスがある方、今だったらAnyPayを使ってマイルを拾うなんていかがでしょうか。

 

 

次回へ続く・・・