JALとANAどちらのマイルを貯めるのがよいかについて解説しています。

今回はANAマイルの特徴です。

  • ANAマイルが貯まる高還元率クレジットカードがJALより多い
  • 共通ポイントでANAマイルに交換できるのがTポイント、楽天スーパーポイント、dポイントと大手揃い
  • マイルを使った特典航空券の予約競争率が高く、取りにくい傾向
  • 加盟するスターアライアンスは世界最大規模で、たいていどこの国にも行ける

20160906180542

JALとANAのマイルを「貯めること」についてまとめると、JALマイルは貯めにくいが貴重、ANAマイルは気を使わなくても貯まりやすい、と言えて、どちらか1つに絞るのはもったいないんじゃないかと思います。

日頃はJALマイルが貯まるクレジットカードを使いながらも、おまけで貯まる共通ポイントで間接的にANAマイルを貯めるというのが賢いやり方だと思います。

共通ポイントのうちTポイント、楽天スーパーポイント、Pontaはポイントを貯め続ける限り有効期限が延びますので、多く貯め続けられることを考えると、共通ポイントをうまく使って特にANAマイルを「拾っていく」ことは有効だと思いますよ。

今までどちらか1つのマイルに絞っていた方も、機を見て両方貯め始めるのはいかがでしょう。

 

 

次回へ続く・・・