マイル為ちゃん宅のDVDレコーダーは全録画タイプ(複数チャンネルを録り続ける)です。

自宅に不在がち、かつ自宅で観る番組はニュースかスポーツ中継に限られがちなのですが、後日話題になった番組の一場面など後追いで見返すのに役立っています(もちろんマイルや節約ネタ等にも)。

そんな理由もあって、たまに知り合いから過去の番組をDVDに焼いてほしいとのオーダーをいただくことがあります。

人にプレゼントする用途のDVDストックが切れたので、先日amazonで注文しようとしました。

そこで困ったのが送料無料条件

DVD自体安いし、繰り返し録画できるDVD-RWだと10枚あれば十分、50枚もいらないので送料無料条件の2,000円に到達するには他のものを購入する必要があるのです。

20160518-amazon-tips-001

化粧水が無くなりかけたので追加で購入しようと思ったら、最近のamazonはパントリーなるサービスがあって、パントリー専用商品に指定されているとamazonプライム会員でないと購入できないんですね。

おかげで化粧水の追加はできず、他の物を探すのに苦労しました。

 

さて前置き長くなりましたが、今のamazonの送料無料条件2,000円について、全品無料から2,000円になっただけでもニュースになりましたが、昨今の流通業界の人手不足報道でさらに条件が引き上げられる可能性が浮上してきています。

amazonプライムの送料無料サービスも影響を受ける可能性ありそうですよね(例えば年数回無料とか)。

送料無料条件が厳しくなるということは、いつもまとめ買いをするわけにもいかないので、対面店舗での購入機会が今後増えることが予想されます(マイル為ちゃんにとっての話)。

クレジットカードやポイントカード商圏の制度も日々様変わりしているわけで、amazonの送料無料条件が本当に引き上げられたら対面販売でのマイル貯蓄作戦を再検討しなければいけませんね。

問題意識持ってます。

 

 

次回へ続く・・・