1週間以上に渡ってお伝えしてきた国民年金ネタ、今回が最後です。

アメックスとLINE Payカードが使えない中、マイル為ちゃんが最後の検討ポイントにしたのはこれです。

4. 利用金額で特典があるカードを使う

006_08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_l-1024x683

これまでクレジットカードの制限条件ばかり挙げましたが、最後に検討したのはクレジットカードを利用するメリットをなるべく最大限活かす視点です。

「利用金額で特典がある」とは、分かりやすいところだと「年間○万円で次年度年会費無料」や、「年間○万円でボーナスポイント進呈」、「年間○万円で次年度ポイント付与率アップ」などです。

このような特典を提供しているクレジットカード会社は数多くあり、有名どころだとJCBのポイントアップ特典三井住友カードのポイントアップ特典などが挙げられます。

そんな中、マイル為ちゃん手持ちのカードで利用特典が大きいものとして思いついたのが、ダイナースクラブカードの年会費特典でした。

記事にした当時は、年間30万円利用で次年度の年会費22,000円が無料という条件でしたが、そこから時代が変わり、今では「年間60万円利用で次年度の年会費22,000円が無料」となっています。

メインカードでないダイナースクラブカードで60万円を使い切るのに、国民年金1年分約20万円は大きな貢献をしてくれるという作戦です。

 

さて、マイル為ちゃんはダイナースクラブカードを使うことにしましたが、最後の最後にクレジットカードで国民年金を支払う際の要注意ポイントがあります。それは

使うクレジットカードのポイント付与対象外に国民年金が入っていないか

ということ。

公共料金や税金系は、ポイント付与率が半分になったり、付与対象外ということが稀にあります。

例えばアメックスだと公共料金がポイント還元率半分にダイナースクラブだと税金系が還元率半分に、と言った具合です。

ご利用になるクレジットカードの通常ポイント対象に該当するか、最後に確認してご利用くださいね。

 

 

次回へ続く・・・

 

 

利用金額条件

ポイント付与条件確認