前回の金額差を踏まえた上で、今回からいろんな視点で国民年金の払い方の検討をしていきます。

先に結論からお伝えしますと、マイル為ちゃんだったらダイナースクラブカード1年前納を選択すると思います。

このダイナースクラブカードはもう入会できませんし、これからお伝えする検討ポイントはだいぶ細かい話なので、みなさんはこのポイントを参考にしていただいてご自分にあった支払い方法を選択していただければと思います

creditcard1

 

今回の国民年金の支払い方に関して、いくつか考えた視点の1点目をご紹介します。

(なお比較対象は1年前払いと2年前払いにしましたのでご了承ください。)

1. 約19万円の流動性を取るか、前払いの1万円割引を取るか

まずこの観点をどうしても片付けて置かないと気がすまない方多いと思います。

19万円、けっこう大きな額です。

19万円あればかなりの物が買えます。

つまり、お金がピンチの時や急な入り用に19万円はかなり大きな力になります。

この19万円、もちろん手元にあったほうが嬉しいでしょう。

この手元の19万円と1万円の割引のどちらに価値があるかの考え方ですが、マイル為ちゃんの答えは手元の19万円一択です。

というのも1万円は19万円の5%未満にあたり、19万円を1年以上先に延ばして使えるということは、その19万円を5%以上の年利で運用すればお釣りがきて、なおかつ流動性(使いたい時に使える)も確保できるわけです。

19万円を5%以上の運用益と簡単に言ってしまいましたが、例えば以前のNISAの話題でお伝えしたエンダウメントファンドを丸々買って1年放ったらかしにしておくだけでも、5~10%の増え方をする確率が高いでしょう。(2015年末にマイル為ちゃんが買ったものは2016年末で6%増えてました)

エンダウメントファンドは投資信託なので、いざ引き出したい時は数日で手元に現金が戻ってきます。

 

マイル為ちゃんなら2年前納よりも1年前納かな、と思います。

 

 

次回へ続く・・・