12月に入ってやるべきイベントの1つに年賀状作成があります。

どうしても後回しにしてしまいがちな作業ですが、年に1度のイベント、普段連絡を取らない方との唯一の連絡手段と考えると手を抜けないものがあります。

マイル為ちゃんはなるべくこのイベントを楽しく、そして1年間の自己の成長を確かめる意味も込めて、何らかデザインに工夫を込めるようにしています。

main_logo

年賀状作成、自宅のプリンタで作られる方もいらっしゃれば、完全手書きの方もいらっしゃったりでいろんな個性が見られます。

マイル為ちゃんの場合は、数年前から業者発注にしました。

枚数はそれほど多くないのですが、仕上がりのクオリティが自宅プリンタでは再現できないものだからです。

 

少し話は変わりますが、まだ幼少の頃に観たテレビ番組で、現ソフトバンクホークスの王貞治会長がまだ読売ジャイアンツの選手だった頃のエピソードを紹介していました。

ファンや関係者からもらった手紙の返事として多いときは数千通あった年賀状に全て手書きで返送するため、優勝旅行で周りが遊び回ってる中を自室にこもってペンを走らせていたというエピソードを目にしました。

fbee35569c6cb232d0d54083f1029102

マイル為ちゃんを王会長と同列に並べるなんてとんでもない話ですが、そんな偉人でさえ心を込めた対応をしているのに自分がやらない、やれないわけもなく、それ以降年賀状には必ず手書きのメッセージを入れるようにしています。

ですので業者発注した際も手書きメッセージが書けるスペースを残すことが必須になってます。

 

話が逸れましたが来年の年賀状、準備がまだの方はこれを機会に想いを巡らせてみてはいかがでしょう。

 

 

次回へ続く・・・