2回に渡って解説してきた三井住友信託ダイナースクラブカード

どんな方に価値があるカードなのかを今回お伝えします。

Diners_Club_Logo

三井住友信託ダイナースクラブカードを持つのに向いている人

  • これから利用額制限がないダイナースクラブカードを、年会費を抑えて持ちたい人
  • 既に三井住友信託銀行の口座を持っている人
    (メインバンクにしているならなお最適)

この2点になります。

2点目の口座については、これから作ってもよいでしょう。

高い年会費を払ってでもダイナースクラブカードを持つメリットは以下のとおりだと考えます。

  • 利用額制限がない
  • 他のゴールドカードより室が高いサービスの数々
    (旅行保険とかショッピングリカバリーとか)
  • ポイントの有効期限がない
    (しかもダイナースクラブのサイト経由でネットショッピングを行った際に付くボーナスポイントも通常ポイントと同価値・有効期限なし)

マイル為ちゃん個人的には3点目にとてもメリットを感じています。

例えばYahoo!ショッピングでダイナースクラブカードを使うと、クレジットカードのポイントでANA 1%マイル分、ボーナスポイントでANA 1%マイル分、これにYahoo!ショッピングでもらえるTポイントが1%以上(ANAマイル0.5%分以上)付与され、有効期限が実質無いANAマイルが2.5%以上貯まる計算になります。

 

 

既に新規受付を終了したSMBC信託銀行ダイナースクラブカードが、今でもダイナースクラブカードのベストアンサーである結論には変わりません。

まだお持ちの方はそのカードを大切に使い続けてください。

SMBC信託銀行ダイナースクラブカードは前年度30万円以上利用で次年度年会費無料条件がまだ残っているお宝カードです。

マイル為ちゃんはYahoo!ショッピングを使うとき、たいていSMBC信託銀行ダイナースクラブカードを使ってANAマイルを貯めてます。

 

 

次回へ続く・・・