前回お伝えした通り、これまでのダイナースクラブカードとは別物の三井住友信託ダイナースクラブについて、今回はサービスの内容を解説します。

三井住友信託ダイナースクラブカード

mituisumitomo-diners

  • 年会費22,000円
    (初年度:新規入会後3ヶ月間で20万円以上、次年度以降:前年度50万円以上の各利用額で年会費は12,000円になる)
  • 利用枠制限なし
    (ダイナースクラブカードとして標準)
  • 海外・国内旅行保険1億円やその他サービスなど、他ダイナースクラブ標準サービスと同内容を受けられる
  • カード利用代金の引き落とし指定口座は「三井住友信託銀行」のみ

最後の条件が、旧シティバンク発行ダイナースクラブカードを軽く踏襲しています。

旧シティバンク発行のダイナースクラブカードは、カード利用代金引き落とし指定口座に制限は無かったのですが、旧シティバンク口座の維持手数料2,000円/月が、引き落とし指定口座とすることで無料になるので、実質指定口座となっていました。

それに対して三井住友信託銀行は標準で口座維持手数料がかかるわけでもなく、その状況下で引き落とし指定口座を三井住友信託銀行のみに制限されるのはデメリットであるイメージが拭えません。

この三井住友信託銀行、どのような方に向いているのでしょうか。

次回解説します。

 

 

次回へ続く・・・