今回は、プレスティア発行の新カードを作る必要があるのか、「プレスティア口座維持手数料タダ条件」と「マイル還元率悪化」の価値をそれぞれ比較してみましょう。

※プレスティア口座をどうしても保持し続けたい方向けの話題です

0012850183

プレスティア口座維持手数料無料条件比較

プレスティア口座維持手数料は月2,000円なので、年間24,000円かかります。

これを無料にするためには、プレスティア発行のカードを持つか、もしくは月間平均総取引残高が日本円で50万円、もしくは外貨が20万円相当などが条件となってきます。

外貨で20万円相当を常に口座に置いておけば、カードを新たに作らなくても24,000円を払わずに済むわけです。

マイル還元率比較

カードの年会費を無料にするためには、シティ発行ダイナースもプレスティア発行カードも前年に30万円利用する必要があります。

30万円を単純にそのまま利用すると

  • ダイナース:300,000円 × 1% = 3,000 ANAマイル

  • プレスティアVISA:300,000円 × 0.3% =900 ANAマイル

がそれぞれ貯まる計算です。

さらに各カード会社のポイントサイトなどを利用すると、この差は広がります。

さらにさらに、ポイント有効期間(ダイナースは無期限、プレスティアVISAは2年間)などもこれに関連してきます。

これを踏まえた上でマイル為ちゃんならどうするか。次回解説します。

※ちなみにマイル為ちゃんはシティバンクから海外送金を年に数回行う人なので、プレスティア口座は維持したいと考えている人という前提です。プレスティア口座はもう不要という方向けの解説も次回以降行います。

 

 

次回へ続く・・・