今回は、クレジットカードを複数枚持つべきか、1枚に絞るべきかについて比較検討してみます。

複数枚持つメリットとデメリットについて以下記載します。

複数枚のデメリットが1枚持ちのメリットとなります。

d0hwgvmh1qA

【複数枚持つメリット】

  • 店ごとにポイントが最も貯まるカードを選択できる
  • カードだけでなく、電子マネーを使い分ける際もポイントを取り逃がさない
  • 利用可能額が単純に増えるので、高額出費に対応できる

【複数枚持つデメリット(1枚に絞るメリット)】

  • ポイントの有効期限を管理しなければいけない
  • カード利用請求が分かれるので、請求日がまとまらない

 

まとめると、デメリット部分に記載の部分が大きく、要は複数枚にするかどうかの判断基準は「管理できるかどうか」が大きいと思います。

クレジットカードをどうしても1枚に絞りたい方の場合、考えられるケースは

  • 航空会社発行のクレジットカードを持つ
  • マイルが貯まりやすいカード(航空会社発行以外)を持ち、無料のマイレージカードを別途発行

の2種類だと思います。

どちらにしろマイル自体の有効期限は管理しなければならないので、複数枚持ってもよいのではないでしょうか。

複数枚持った場合の移行先を1つの航空会社マイルに絞る、もしくはポイント有効期限が実質無いカードを選べば、管理へのプレッシャーも減ると思います。

例えばTポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、アメックスやダイナースのポイント等がそれに該当します。

今回頂いたご質問のように、マイル為ちゃんはみなさまからのご質問に真摯に回答させていただきます

普段疑問に感じてらっしゃること、このマイレージ貯蓄術で発生した疑問やご意見など、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

みなさまからのご質問お待ちしています。

 

 

次回へ続く・・・