注:この記事については、記載内容が大きく変更となっております。
こちらの記事も合わせてご参照ください。

 

今回はANA派3枚目のオススメカードについてです。

  • ダイナースクラブカード(Citibank発行)

index2_05_dinersclub

 

国際ブランド:ダイナース、年会費:22,000円(入会から3ヶ月以内の10万円以上利用で初年度無料、前年度30万円以上利用で次年度無料)

【ポイント】
利用額の1.0 %のANAマイルが貯まる。

【コメント】
高ステータスカードとして敷居が高いイメージを持たれがちなダイナースカードをあえてオススメするのは、ネット店舗での利用においてANAマイルが飛躍的に貯まるからである。
各クレジットカード会社が運営するポイントサイトで付与されるボーナスポイントはマイルへの還元率が低く設定されがちだが、ダイナースのWebサイトTOPページからジャンプできるポイントモールにて付与されるボーナスポイントは通常ポイントと同価値である。
そのため、例えばポイントモール経由にてYahoo!ショッピングで買い物した場合、カードの基本ポイント1.0 ANAマイルとボーナスポイント1.0 ANAマイル、さらにYahoo!ショッピングで付与される標準1 Tポイントで最低でも2.5 ANAマイルを貯めることができる。
また、ダイナースリワードプログラムのポイントは有効期限がない。
海外・国内旅行保険は最高1億円(一部利用付帯)、傷害・疾病治療保険は300万円、年間500万円のショッピング保険など充実しており、ショッピング利用額の上限が設定されていないのも特徴。

 

なお、このカードに関しては、入会方法について工夫の余地があります。

その方法について次回解説します。

 

 

次回へ続く・・・