前回に引き続き、ご質問に回答します。

マイルを利用した節税方法について

cf3351f7

第2章 マイルを貯める心がけ⑦にて、nanacoを使って各種税金を支払うことができることをお伝えしました。

これを利用して、個人事業主への課税である

  • 所得税
  • 個人事業税
  • 住民税
  • 消費税

をそれぞれコンビニ支払い可能な請求書を取り寄せることでnanacoで支払うことができます。
各税金、1度あたりの支払額が30万円までにしかコンビニ支払いは利用できませんのでご注意ください。

このnanaco、航空会社はANA限定ですが、10,000 ANAマイルを10,000円分のnanacoに交換することができます

ANAの関連ページ
nanacoの関連ページ

つまり、

ANAマイルを使って納税をすることができます。

この場合、1マイル1円の価値となり、質問コーナー①-1でお伝えした内容と比較するとあまりお得ではありませんが、現金の持ち合わせがない場合などに有効な手段となりますのでご活用ください。

 

今回頂いたご質問のように、マイル為ちゃんはみなさまからのご質問に真摯に回答させていただきます

普段疑問に感じてらっしゃること、このマイレージ貯蓄術で発生した疑問やご意見など、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

みなさまからのご質問お待ちしています。

 

 

次回へ続く・・・