前回に引き続き、JALとANAのマイレージ比較について解説します。

【JALとANAのマイレージ比較表】

JAL

logo_index_001

ANA

ANA1

マイルの貯まりやすさ

特約店数規模 大差なし
リアル店舗でのマイル獲得 :1.0マイルより多く貯める手段がWAONを使える店舗や、pontaを貯められる店舗に限定される クレジットカード単体利用だけでも1.0マイル以上貯められる。ポイント提携先もTポイントと楽天の2大手が対応
ネット店舗でのマイル獲得 :選択肢がpontaやリクルートポイントに限定される 2大手ポイントに加え、ハピタスやメトロポイントからの移行に対応し、JALよりも貯まりやすい

特典航空券の予約

国内 : Web上から予約可能で、競争率は低いとの評判が多く、ディスカウントマイルなどのキャンペーンも頻繁に開催 :Web上から予約可能だが、競争率が高いと言われがち
海外 ディスカウントマイルキャンペーンが頻繁に開催されるものの、JAL以外の提携アライアンス航空券の予約は電話のみと不便 Web上から予約可能で、必要マイル数も事前に把握しやすいが、ANA便のみ利用の航空券は距離制からゾーン制に変更され必要マイル数が増加

就航路線、加盟アライアンスの特徴

国内の離島に抜群のネットワークを持つ。また加盟するワンワールドでは独占路線があり、希少な存在(イースター島等) 世界最大のスターアライアンスで、ほとんどの地域に飛行可能

この表の詳しい解説はまた次回。

 

 

 

次回へ続く・・・